中山 健夫/専門職としておさえておきたい疫学入門

中山 健夫(なかやま・たけお)

1987年 東京医科歯科大学医学部卒
1987~1989年 東京厚生年金病院(現在 JCHO東京新宿メディカルセンター)内科
1989~1999年 東京医科歯科大学難治疾患研究所疫学部門助手
1998~1999年 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校公衆衛生学部 ポストドクトラル・フェロー
1999~2000年 国立がんセンター研究所がん情報研究部室長
2000~2006年 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻 医療システム情報学
(現・健康情報学)分野 助教授
2007年~ 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻 健康情報学分野 教授
2010年~ 同副専攻長
2005年 日本疫学会奨励賞 健康情報学と疫学からの発展
2012年 第1回京都大学SPHベストティーチャー賞
2016年~ 京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻長

◆【著書】
医療ビッグデータがもたらす社会変革(監修 日経BP)
健康・医療の情報を読み解く:健康情報学への招待(単著 丸善出版)
ヘルスコミュニケーション実践ガイド(監修 日本評論社) 他多数

中山 健夫先生 オピニオン記事一覧

第11回 遺伝子は運命を決める・決めない?

 本連載も今回で最終回です。今回は遺伝子をめぐる情報から始めて、「情報と意思決定」の大切な関係をお話ししたいと思います。  遺伝子とは私たち […]

コメントなし

第10回 インターネットの健康・医療情報(下) インフォームド・コンセントと個人情報の活用:がん登録の役割

 今回は、個人情報保護と疫学研究のインフォームド・コンセントに関連するお話を紹介します。医療者にとっても、患者さんやご家族にとっても、病気に […]

コメントなし

第9回 インターネットの健康・医療情報(上)

 この連載も今回含め残り3回となりました。この2回で近年、すっかり身近になったインターネットの健康・医療情報の利用に関する注意点をお話しまし […]

コメントなし

第8回 科学と「お金」

 今回はたばこ問題を例にお話しましょう。受動喫煙または環境タバコ煙の問題とは、タバコを吸っていない人が、他人の吸っているタバコの煙を吸い込ん […]

コメントなし

第7回新薬が世に出るまで

 新しい治療法が有効か、患者さんを対象にして試験的な治療を行なって確かめることを「臨床試験」と呼びます。中でも新薬の認可目的の「治験」は、薬 […]

コメントなし

第6回 ミクロの理論と生身の人間

 前回に続き、今回も実社会のお話から始めましょう。  昨今では医学研究に細胞・遺伝子レベルの話が欠かせないものになりました。ミクロの世界に入 […]

コメントなし

第5回 「雨乞い”3た”理論」の落とし穴

 前回までは治療の有効性、病気の原因、因果の逆転の話をしました。これらをもとに今回は少し、実社会に目を向け、実例を考えてみましょう。  新薬 […]

コメントなし

第4回 胃がんの原因はお米のご飯?

 これまでは治療の有効性に関する数字の読み方についてお話してきました。今回は少し視点を変えて、病気の原因の考え方をご紹介します。  「胃がん […]

コメントなし

第3回 成功率100%の手術?

 前回は病気になった時の治療法の選び方を通して、データで示される一般論と、身近な経験で左右される個人の気持ちについてお話しました。昔、ある有 […]

コメントなし

第2回 一般論と個人の経験

 あなたは病気になった時、何を手がかりにして、どんな治療法を選びますか?  主治医の勧める治療法を、きちんと説明を受けて理解して(インフォー […]

コメントなし

第1回 健康情報とどう付き合うか

はじめに  今日、私たちはさまざまな「情報」をいろいろな場面で利用して暮らしています。しかし、一口で情報と言っても、何が正しいのか、何を信じ […]

コメントなし

オピニオン