大橋 健 /コーチングでやる気を引き出す保健指導 10のコツ

大橋 健 (おおはし・けん)
1992年東京大学医学部卒業。

東京大学医学部附属病院、虎の門病院での研修を経て、1995年より東京大学医学部附属病院糖尿病・代謝内科所属。糖尿病や脂質異常症を専門とする内科医に。産業医として企業や官庁での健康管理にも従事。糖尿病診療や保健指導の場で、患者さんのためにと熱心に指導に取り組んだつもりが、気がつくと「説教外来」に。患者さんとのすれ違いを感じて悩む中、心理的アプローチやコーチングと出会い、それらを学ぶ。

以後「患者さんとともに考える医療」をテーマに、効果的な療養支援・保健指導のあり方を追究している。また、寸劇を通して糖尿病患者さんとのコミュニケーションを考える『糖尿病劇場』や、実践的なロールプレイでスキルアップを目指すワークショップをプロデュース。好評を博している。
2010年より現職。現在は、がんと糖尿病という2つの病いを抱えた方々の糖尿病治療をサポートしている。

日本糖尿病学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本医師会認定産業医、生涯学習開発財団認定コーチ、同認定ワークショップデザイナー。

大橋 健 先生 オピニオン記事一覧

第10回 コーチングの「形(かたち)」

 これまで「効果的な質問」、「承認」、「提案」など代表的なコーチング・スキルを紹介してきました。これらはスキルですから、楽器やスポーツの練習 […]

コメントなし

第9回 「伝える」から「伝わる」へ

 これまでの連載では、コーチングは「どう話すか」ではなく、「どう聴くか」が大切というお話をしてきました。しかし、実際の保健指導では、支援者か […]

コメントなし

第8回 行動目標は「ぐ・た・い・て・き」に

 特定保健指導では、初回面談で行動目標を設定し、以後その達成度を管理していくことが求められています。でも、「行動目標の設定が難しい……」とい […]

コメントなし

第7回 承認という宝探し

 今日も一日たくさんの方への保健指導、おつかれさまでした。  今回のテーマは、コーチングスキルの「承認」を取り上げます。英語ではアクノリッジ […]

コメントなし

第6回 同情するなら共感をくれ! ~「同じキャンバスに向かう」聴き方とは~

 「同情するなら金をくれ!」のセリフで世間に衝撃を与えた安達祐美も34歳。時が経つのは早いですね。もしかしたら、ピンとこない方もいますか? […]

コメントなし

第5回 対象者を動かす効果的な質問とは?

「問診」ではない質問、してますか?  今日の保健指導を思い出してみてください。対象者の方にどんな質問をしましたか?  対象者の生活習慣や仕事 […]

コメントなし

第4回 今日は何についてお話しますか?

面談のテーマや進め方を決めるのは誰?  ふだんの保健指導では、面談の内容や進め方を決めるのは支援者のほうです。あらかじめ対象者の健診データや […]

コメントなし

第3回 「でも」×「でも」=?

対象者の抵抗や反発を感じるとき  保健指導をしていて、対象者の抵抗や反発を感じることがありませんか?  「せっかく生活習慣の問題点を指摘して […]

コメントなし

第2回 アドバイスしない勇気

コーチングを保健指導に活かす  前回は、保健指導に求められる重要な専門技術として「対象者が自らの生活行動の課題に気づき、自らの行動目標を決定 […]

コメントなし

第1回 プロローグ

保健指導の最前線で頑張る皆さんへ  毎日の保健指導、おつかれさまです。今日の保健指導はうまくいきましたか? 保健指導という仕事は、やりがいが […]

コメントなし

オピニオン